ケイシーズ>CPUボード>Ethernetコントローラ内蔵CPUボード/KBC-P18LAN

製品名/型番:Ethernetコントローラ内蔵CPUボード/KBC-P18LAN

KBC-P18LAN

製品概要

本品は、Microchip 社 PIC18F67J60 を搭載した Ether ネット付きの CPU ボードです。 小型のボードサイズながら、リレー2個を搭載し、ホームコントローラの様なネット経 由でのスイッチ操作を追加部品なしに実現する事もできます。 リレー OFF時の消費電力が 1W未満のため、動作より待ち受け時間が長いアプリケーショ ンでも、省エネ化が期待できます。

【製品仕様】

  • 搭載 CPU:PIC18F67J60-I/PT
  • 動作クロック:41.666MHz(25MHz 水晶発振より PLL 制御:設定で変更可能)
  • LAN:イーサネット 10base-T
  • 電源電圧:DC5V +5%,-10% (内部 3.3V 安定化)
  • 電源電流:平均 190mA/Ether 接続、リレー OFF、I/O 端子未接続時
  • 電源電流:平均 250mA/Ether 接続、リレー ON、I/O 端子未接続時
  • 接続端子:電源入力、リレー接点× 2、Ether コネクタ、ICSP コネクタ、I/O コネクタ
  • 電源端子:2.1 φ DC ジャックまたはヘッダーピンより供給
  • リレー接点端子:NC,NO,COM の3線式 30V1A のスイッチ能力
  • Etherコネクタ:RJ-45、ステータス表示 LED 付き
  • I/Oコネクタ:26P × 2
  • ICSPコネクタ:Microchip社標準、6P 端子(シングルピンヘッダー)
  • その他:マイクロワイヤーまたは I2C の 8pin タイプ EEPROM を実装可能 初期状態は MAC アドレスを記入した 93LC46B を実装
  • 基板寸法:64mm×51mm(突起を含まず)
    【開発に必要な機材】
    搭載リレーのON/OFFを操作させてみる場合は、LAN 環境とアクセスするための PC 及び KBC-P18LAN を動作させるための、5V、0.3A 以上の AC アダプタがあれば確認出来ます。 ご自分のアプリケーションを開発する場合は、Cコンパイラと書込み器が必要になります。
    Cコンパイラと統合環境は、無償でMicrochip社のwebページからダウンロードできます。
    PIC用の書込み器は ICSP対応のパーソナル用では、Microchip社の MPLAB ICD2と PICkit2 があります。
    KBC-P18LAN の基板上に ICSP 対応のピンを用意しています。この ICSP 用のピンと書込み 器を接続するためのケーブルは含まれていませんので、別途ご用意ください。 

外部製品紹介ブログ

使用例

動画

説明書

pdficon.gif詳細資料/PDF


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-12 (金) 10:03:15 (827d)