ケイシーズ>RBIOシリーズ>シリアル接続サーボモータコントロール導入セット/RBIO-6A

製品名/型番:シリアル接続サーボモータコントロール導入セット/RBIO-6A

RBIO-6A

製品概要

RBIO-6Aは、1ボードで最大9軸のサーボモータをRS-232Cを介して制御するためのシリアルコントロールボードです。

【特徴】

  • サーボモータ個々のポジションで位置校正が行えます。
  • 各サーボで、指示に対する、回転位置を同一に校正する事ができます。
  • 多サーボが必要な場合、マルチボード構成が可能です。
  • 制御命令に一般的な文字列を使用します。
  • インターフェースは一般的なシリアル信号です。
  • VRブラケットの教示機能に対応する入力ポートを装備しています。

【製品仕様】

  • 搭載CPU:PIC16F876A
  • 電源:ロジック用 4.8V〜7.2V(標準5V) :サーボモータ用 標準4.8V または6V(サーボモータの定格による)
  • 電流:ロジック用 12mA RS232C コネクタ(サーボモータ未接続時) :サーボモータ用 使用サーボの消費電流による(最大10A まで対応)
  • シリアルI/F:RS-232C レベル/9600bps/8bit/ パリティー無し/9pin オスDCE 結線
  • 出力:サーボモータ用3Pコネクタ 9組
  • 入力:A/Dコンバータ用3Pコネクタ 9組(入力範囲:0V〜約4.4V)
  • 基板寸法:89mm×55mm(コネクタの突起を含まず)
  • その他:マルチボード接続(デイジーチェーン接続)用のシリアル信号送りコネクタ付き【必要な機器】 本ボードを動作(確認動作)させるのに必要な機材は以下の通りです。 -サーボモータ(弊社教示機能付きサーボブラケット:教示機能を試験する場合)
  • ロジック用電源
    5V 程度の電源をご用意ください。
  • サーボモータ用電源
    一般的なサーボモータは、4.8V(Nicd 電池 4 本)を標準にしています。
    4.8V タイプのサーボモータではNicd電池を用いるか、5V 出力のスイッチング電源 をご用意下さい。
    条件に拠っては、ロジック用電源を、サーボモータ用電源と共用できます。
  • COM ポートが実装されたWindows マシン(又は USB-COM変換アダプタ)
  • COM ポート接続用 9P メス<>9P メス、ストレートタイプのケーブル
  • ※注意:本基板はスイッチング電源以外に、6V の鉛バッテリーやNicd 電池で動作可能です。しかし、バッテリーの様な供給能力の大きい電源から供給する場合 は、短絡事故等で火災になる場合がありますので、必ず途中にヒューズを挿 入してご利用ください。

外部製品紹介ブログ

使用例

動画

説明書

pdficon.gif詳細資料/PDF


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-12 (金) 10:04:06 (772d)